じっくり長く、着るほどに大事にしたくなる「もんぺ」が生まれました【枚方店舗ニュース】

じっくり吟味して買う
買ったものはずっと着続ける

規格外のもんぺに
刺繍やあて布をして、
さらに個性のある作品ができました。

織物ならではの風合いに、擦れた跡にも愛着を。
繕いながら長く着てみようかな。

暮らしを愛おしく、大事にしたくなるメッセージが込められた唯一無二のブランドがスタート。

「クラップデイト」
構想から1年半、たくさんの打合せと試作を繰り返した作品。
季節や年齢に関係なく、着るほどに風合いが良くなり、長く使えるのが特徴です。

「倉庫で眠る規格外の製品。

もう一度手を加えて

唯一無二の作品に」

私たちが扱っている衣類は、

時間がかかって作られている

昔ながらの織物。

季節や年齢に関係なく、

着るほどに風合いが良くなり、

長く使えるのが特徴です。

そんな希少性のある織物ですが、

製作の現場では熟練の技でも

織ならではの糸とびや染めむらなども発生してしまいます。

「もったいない…」

そんな規格外となった製品に、

もう一度手を加え、

唯一無二の作品にできないか。。

Repos de midi /ルポ デ ミディInstagramより

このブランドに携わっているのは
「ルポ・デ・ミディ」オーナー宮地なおみさん

枚方公園・京街道沿いにあるカフェと雑貨のお店「ルポ・デ・ミディ」オーナーの宮地さん。

ルポ・デ・ミディ店内
あわせて読みたい
150年前の姿へ戻そう。枚方の人気カフェ「ルポ・デ・ミディ」が目指すもの
150年前の姿へ戻そう。枚方の人気カフェ「ルポ・デ・ミディ」が目指すもの枚方市駅から枚方公園駅に続くレトロなまち並み「歴史街道」沿いに佇むカフェと生活雑貨のお店「ルポ・デ・ミディ」。明治元年に建築された古民家を改装した店内は、ど...
あわせて読みたい
Repos de midi/ルポデミディ
Repos de midi/ルポデミディ【築150年の古民家を改装。 懐かしさを感じる枚方の人気カフェ「ルポ・デ・ミディ」】枚方市駅から枚方公園駅に続くレトロな街並み「歴史街道」沿いに佇むカフェと生活...

暮らしを振り返り、大切にしたくなるような作品。
是非一度、手にとってその味わいを感じてみてはいかがでしょうか?

販売はルポ・デ・ミディの店頭とwebショップにて。

店舗名:Repos de midi (ルポ・デ・ミディ)
住所:大阪府枚方市堤町10-12
電話: 072-843-1525
営業時間:11:00〜17:00(L.O.16:00)
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)
※緊急事態宣言中の営業時間・定休日については公式サイトでご確認ください。
アクセス:京阪枚方公園駅
公式サイトFacebookInstagram
online shop

ー関連記事ー

よかったらシェアしてね!