少人数制で聞きやすいセミナー枚方信用金庫の”ひらしんカフェ”がスタート![PR]

目次

枚方信用金庫家具町支店で開催された“ひらしんカフェ”におじゃましました!

(左から)家具町支店職員 嶋津さん・家具町支店職員:坂田さん

枚方市民にとって身近な信用金庫、「ひらしん」こと枚方信用金庫。
暮らしに欠かせない金融機関として、70年以上も地域と親密な関係を築き、さらには伝統行事などの文化や環境・教育・スポーツへの貢献も積極的に行われています。

そんなひらしんから新企画、“ひらしんカフェ”が誕生しました。

ひらしんカフェとは

家具町支店のひらしんカフェのようす

ひらしんカフェとは
2022年春より始まった「ひらしんカフェ」。
家具町支店、大和田支店で毎月1回、参加無料で身近なテーマについて、専門家から詳しいお話が聞けるセミナーです。

5〜10名の少人数開催なので気軽に質問ができて、さらに聞きたい方は開催後に個別相談も可。
今後もお金・生活・健康など身近なテーマが予定されています。

参加応募は、家具町支店、大和田支店の窓口にてお申込みいただけます。

実際に開催された”ひらしん”カフェのようす

今回ひらいろ編集部がお邪魔したのは、家具町支店で開催されたひらしんカフェ。
木製の家具をイメージさせるような木をふんだんに使った温もりのある店舗デザインが特徴です。

▽枚方信用金庫 家具町支店についての詳しくはこちら

あわせて読みたい
枚方信用金庫 / ひらしん 【とは?】 枚方市民にとって身近な信用金庫といえば、ひらしんこと枚方信用金庫。 枚方信用金庫は、大阪府北河内7市を主な営業地区とし、地元の中小企業経営者や住民の...

今回のテーマは「介護施設の選び方」

2022年5月19日(木)に開催された ひらしんカフェ。
今回のテーマは「介護施設の選び方」で、参加費は無料です。

介護施設の入居を決めるポイントや施設への住居準備について、10年間相談を受けているという『シニア住宅相談員』の方からのお話や相談会が行われました。

高齢者向けの施設は種類がさまざま

講師は高齢者住まいの相談センターの相松センター長さん

一概に高齢者向けの施設と言っても、その種類は大きく10に分けられるそう。

1,特別養護老人ホーム
2,老人保健施設
3,療養型医療施設
4,ケアハウス
5,認知症高齢者グループホーム
6,介護付有料老人ホーム
7,住宅型有料老人ホーム
8,サービス付き高齢者向け住宅
9,高齢者有料賃貸住宅
10,高齢者向け住宅

介護度の重さ、在宅復帰を目指すリハビリ型、医学的な管理の有無、など入居時の状態によって選ぶ施設も変わってきます。
それぞれの施設の違いや特徴について分かりやすくお話されていました。

また現在枚方市内だけでも100件以上の老人ホームがあります。
しかし外観や名前だけでは、上記の10種類のうちのどれに当たるのかなどの判断も難しく、それを自分で調べて見学へ行くにも大変な労力が必要となります。

そのようなお悩みはひらしんへご相談いただければ、高齢者住まいの相談センターへつないでもらえます。

相談されることが多いケースとは

高齢者住まいの相談センターでは、現在月に50件ものご相談を受けていて、実際にどんな方からどのような相談があるのか具体例などもお話されていました。

◯相談に来る方について

・自身でそろそろ次のことを考えているが、特徴や費用について知りたい方
・家での生活が難しくなってきて、不安を感じている方やそのご家族
・介護を受ける人と介護人がどちらも高齢で心配だ、というご近所の方からの連絡

◯相談例

・近くの施設に入りたい。一緒に見学に行ってほしい
・認知症がすすみ、24時間の介護が難しいがどうしたらいいのかわからない
・賃貸マンションに一人暮らししているが、今後のことを考えると不安
・集団での生活が自分には合わない
・近くに建っている新しい高齢者施設が気になるが、どのようなものか知りたい
・満室で入居待ちの状態。なかなか入れず不安

また、入居された後でも介護の段階にあわせて住み替えていくこともひとつの選択肢となります。
そういったご相談も受け付けてくれるそうです。

どういったタイミングで相談すべきか

人生100年時代と言われ、一人暮らしの高齢者の方も多い現代。
しかし、突然の不幸に見舞われる方も多く、実際に孤独死も増えているそう。

高齢者住まいの相談センターの相松センター長さん

「自分のためにも家族のためにも、どこかで決断をしなければいけないこと。
今のうちに考えておくこと、ご家族に伝えておくことをおすすめしたいと思います」

決めなければならないことが多く、大変に感じるかもしれませんが、まずは枚方信用金庫にご相談ください。

ひらしんカフェはまだ始まったばかり。今後も継続してさまざまなテーマでセミナーを開催する予定です。

今後のお知らせは各店舗にてご確認ください。

大和田支店のひらしんカフェの様子

タブレット(iPad)導入!ひらしんの“WEB相談サービス”

事前に店舗で相談したい内容を伝えることで、ひらしんのネットワークを活用して、弁護士や税理士、行政書士などあらゆる専門家の相談相手を紹介してもらえて、後日オンラインにて専門家に30分間無料で相談できるという便利なサービスもスタートしています。

以前は店頭に設けられた相談ブースでしか受けられませんでしたが、利便性の向上とご自宅や職場で安心してご利用いただけるように、タブレット(iPad)が導入されました。ひらしんの職員がご自宅までお伺いしてセッティングし、同席してもらえるので安心してご利用いただけます。

特にお金、相続、不動産、経営など…相談する相手もわからないという場合にも信頼できる人を紹介してもらえるので安心です。

ひらしんの“コンシェルジェ”

ひらしんでは、お客様のお悩みを気軽に相談できるスペシャリストとして、現在5名の“コンシェルジェ”が活躍しています。

“コンシェルジェ”がいるお店は、本店営業部・大和田支店・忍ヶ丘支店・交野支店・家具町支店の5店舗。昨年は3名でしたが、好評につき2名増員(忍ケ丘支店・交野支店)しました。

あわせて読みたい
今「ひらしん」が面白い!お悩み相談を聞いてくれるコンシェルジェが3店舗に誕生。WEB無料相談では占い... 枚方市民にとって身近な信用金庫といえば、「ひらしん」こと枚方信用金庫。70年以上も暮らしにかかせない金融機関として、地域と親密な関係を築いています。 近年では、...

ちょっと相談しにくいことや気になることはもちろん、身近な相談やおしゃべりもしていただけます!
コンシェルジェがいる枚方信用金庫へぜひお越しくださいね!

枚方信用金庫 本店営業部
住所:大阪府枚方市岡東町14-36
(京阪枚方市駅から徒歩3分)
電話:072-841-1171
駐車場:あり
営業時間:9:00〜17:00(窓口業務は15:00まで)
定休日:土日祝・年末年始
公式サイト:http://www.shinkin.co.jp/hirakata/

「枚方信用金庫」のご紹介はこちらの記事もご覧ください!
あわせて読みたい
枚方信用金庫 / ひらしん 【とは?】 枚方市民にとって身近な信用金庫といえば、ひらしんこと枚方信用金庫。 枚方信用金庫は、大阪府北河内7市を主な営業地区とし、地元の中小企業経営者や住民の...
あわせて読みたい
ステッカーで安心なお店をわかりやすく!枚方信用金庫の新型コロナ感染防止対策支援とは?[PR] 【枚方信用金庫の感染防止対策支援】 あ、このステッカー、どこかで見たことある気がする! 少し意識してまちを歩いてみると、「あ、ここにもあった、あそこにも、向こ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる