改めて、ママシンガーの道を!歌手で作詞家の初田悦子さんってどんな人?【HIRAKATA CREATORS&ARTISTS FILE Vol.8】

大阪府枚方市にゆかりのあるアーティストやクリエイターに焦点を当て、生き方や仕事、作品へのこだわりや思いについてお伺いする連続インタビュー企画。

第8回目のゲストは、歌手の初田悦子さんです。

初田さんは子育てをしながら音楽活動に取り組むママシンガー。枚方育ち枚方在住で、シャンソン歌手であるお母様の影響を受けて幼い時から歌やピアノに親しみ育ってきました。専門学校で音楽を学び活動を広げ、24歳で第一子を出産。その後、28歳でTV番組のオーディションに合格し、30歳でメジャーデビュー。ママシンガーとして活躍する葛藤も乗り越え、現在は改めて自分を見つめ直しながら活動されています。

今回は初田さんのお仕事や生き方、作品について、そして枚方の好きな場所や関わりなどについて、ひらいろ編集部がたっぷりお話を伺ってきました。

目次

【ABOUT】初田悦子/Etsuko Hatsuta

シャンソン歌手である母の影響で、幼少期から歌の基礎を学ぶと共にソルフェージュやピアノを習い始め、音楽と共に暮らす。日本テレビオーディション番組「歌スタ !!」に出演し2009年『きみのママより』でSMERecordsよりメジャーデビュー。自身が作詞した、わが子に対する感謝のメッセージが幅広い層の共感を呼び続け、2016年 9年越しでゴールドディスクに認定される。母でありミュージシャンである《初田悦子ならではの音楽と発信》をモットーに活動している。

webサイト:http://www.hatsutaetsuko.jp/

シンガー、作詞家、ボイストレーナーのお仕事について

ー初田さんの肩書きを教えてください。

シンガー、作詞家、ボイストレーナーです。

ー普段は枚方で活動されているのですか?

はい、枚方在住なので枚方を拠点に活動しています。デビューしてからは東京に行くこともあります。

おいたち・今のお仕事に至るまでの経緯や職歴

ー差し支えない範囲で大丈夫ですので、これまでのおいたちを教えてください。

通っていた高校は、香里ケ丘高校なんです。その後音楽の専門学校に入学したんですけど、中退して、20歳くらいまではアルバイトをしていました。その頃に枚方にもあるフリーペーパーの「ぱど」で、バンドのコーラスの募集を見つけたんです。枚方にあるスタジオの社長さんがやっていたバンドで、そこにコーラスで入って。

そこからはいろいろなプロの方に出会ったりして、今の活動にいたります。

ーそこからは音楽一本で活動されていたんですか?

はい。音楽でお仕事をいただけるようになったのは20歳でした。

24歳で子供ができたので、そこで一旦お休みしましたが、「歌スタ!!」っていう深夜番組のオーディションを28歳で受けて、なんと30歳でデビューしたんです!

ーすごい!子育てもしながらのデビューだったんですね。

はい。デビューしたのが、「きみのママより」っていう歌でした。作詞も自分で担当しました。

初田さんのWebサイトより

人生のターニングポイント

ー初田さんのターニングポイントはいつでしたか?

28歳でのデビューかなと思ったりしたけど、やっぱり最初の「ぱど」でコーラス募集の広告を見たことかな。それまでは本当に腐っていたんです。音楽学校を辞めて、音楽で食べられるわけわけではないし・・・何をしたらいいんだろうって悩んでいた時期が長かったんです。

カラオケで歌うのは(音楽活動とは)違うってわかっていたけど、自分では曲も作れないし、今みたいにネットの情報も少なくてどうしたらいいかわからないとなっていました。そんな時に藁にもすがる思いで「ぱど」でメンバー募集を見つけてコーラスに参加したことで初めて音楽活動ができた!って思えたんです。

プロの方々にオーディションで選んでもらったっていうのも嬉しかったし、バンドの中で歌うっていうのがすごく嬉しかったですね。

印象に残っているお仕事

ー今までで特に印象に残っているお仕事はありますか?

やっぱりデビューですかね。メジャーデビューで自分の歌が通用するのか試してみたかったんです。

メジャーデビューとインディーズとの違いは、(メジャーデビューは)レコード会社から曲を発売するかどうかです。インディーズは自分たちで出す感じですね。私が20歳くらいの時は、インディーズでも生きていけるような時代で、インディーズでもファンがいたり、支援とか受けられたんですけど、やっぱりメジャーデビューが強かったんです。

ありがたいことに、デビューの時に初めて自分一人だけではなくてチームで仕事、曲を作ることをしました。
レコーディングの時にも誰かに歌のアドバイスをいただけたり、衣装も色んな人に協力してもらって、作られていく自分っていうのが印象に残っています。

結局それが向いていなかったのかもしれないですけど(笑)

ー結構いろんなこと言われるんですか?

そうですね〜。「きみのママより」っていう曲でデビューしたんですけど、「普通のお母さんが歌っているようにした方がいいから、普通の母親のような格好をしてほしい」と言われたりもしました。

私は赤い服が好きなんですけど、全部ベージュにされたり・・・。

ーそういったご苦労もあったのですね

作品を作る上で大切にしていること

ー作品を作る上で大切にしていることは何ですか?

私は曲があるものに対して作詞をするんです。だから、(曲の作り手の思いを)汲み取ることを大切にしています。

作詞では情景が見えるように物語を作ったり。歌っている時に見えるのは映画みたいな感じなんです。それが途切れるような感じだったら、もっともっと練習します。そうじゃないと聞いてくださっている人にも伝わらないと思っているから。

ー1曲にどのくらい練習されるんですか?

今は時間があるのでかなり練習できます。時間がない時には2時間くらいかな。覚えた瞬間にレコーディングしないといけないようなお仕事もあるので、その時には必死で歌詞を読み解きます。

作詞の時は視点が変わらないように心がけています。この人がどの景色を見ているんだ?っていうのを考えながらです。主人公はもちろん私の中にも存在しています。何かを汲み取って作詞したとしても私から出てくるものなんです。自分に嘘をついて作詞をすると歪むから、自分にも響くっていうのもすごく大切にしています。

一日の過ごし方

ー初田さんの一日の流れってどんな感じなんですか?

夫(ギタリストのわたなべゆうさん)とは全然違って、子供がまだ1歳で小さいので、子供次第っていう感じですね。夜中も起こされますし・・・。今は歌う時間がとれない時もありますけど、改めて頑張らないとなって思っています!

左が夫のわたなべゆうさん、右が初田さん。

影響を受けた人や作品

ー影響を受けた人や作品はありますか?

圧倒的に影響を受けているのは、ですね。母はシャンソン歌手なんです。先日枚方市総合文化芸術センターで開催された「枚方パリ祭」にも出演していました。岩本節子っていいます。

あと、私が好きな歌手は、カーペンターズエディ・リーダーですね。デビュー作のプロデューサーの鎌田雅人さん、広沢タダシさん、そして、夫のわたなべゆうかな!本当にたくさんの人から影響を受けています。

今後の展望・やりたいこと

ー今後の展望はありますか?

実は、ミュージシャンとしての展望はそこまでないんですよ(笑)大きな舞台に立って歌いたいっていうような展望があまりないかな。

やりきったというわけではないんですけど、コロナのおかげで日々のなんでもないことに幸せを感じているんです。なんてないことが涙が出るほど幸せで。だからこれからは、そういうことを音楽にしていきたいなと思います。

これは今、すごく良い日常生活が送れているからだと思います。これまでの音楽活動も含めて。

ー日常がすごく充実されているんですね。

夫と音楽をするなら世界に出てもおかしくないような歌詞を作っていきたいなと思っています。そういうインスピレーションみたいなものはずっと忘れずに生きていきたいです。

あとは、お芝居もやってみたいです!芝居みたいな歌だってよく言われるんで、お芝居も一度はやってみたいです!

今後の新曲リリースの予定

ー今後新曲の予定などはありますか?

10月に新譜「『Peek-a-Boo  EP』9曲入り」を販売したので、それはぜひ聴いてみてほしいです!

初田悦子さんの代表作

「きみのママより」

「世界を変えるその笑顔で」

Storyteller〜君に歌う物語〜

枚方歴、関わり

ー枚方歴はいつからですか?

小学校1年からずっと枚方に住んでいます。

ー枚方を題材にされた作品はありますか?

題材ではないかもしれないんですけど、私の歌ってめっちゃ坂道が出てくるんです。

その坂道とは・・・実は香里ケ丘高校前の坂道だったり、枚方の坂道をイメージして書いているんですよ(笑)

ーそうなんですね!また曲の聴こえ方も変わりそうです!

枚方の好きなお店・場所

ー枚方で好きなお店や場所はありますか?

ら・ぶーかというイタリアンのお店

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる