古代から近代までさまざまな歴史文化遺産をあつめた「HIRATAKARA展」開催<9/29(水)~10/4(月)枚方市総合文化芸術センター>

目次

歴史文化遺産・枚方の宝をあつめた展示会「HIRATAKARA展」を開催

枚方市総合文化芸術センターにて、古代から近代までさまざまな歴史文化遺産をあつめた展示会「「HIRATAKARA展」が開催されます。

概要
日時 :令和3年9月29日(水)〜10月4日(月)
午前10時〜午後6時まで(最終日は午後4時まで)
会場 :枚方市総合文化芸術センター1階 (本館) ひらしん美術ギャラリー
申し込み・入場料: 入場無料
申し込み不要。直接会場にお越しください。
(但し、新型コロナウイルス感染防止のため、状況により入場をお待ちただく場合があります)
公式サイトhttps://hirakata-arts.jp/
アクセス:京阪本線「枚方市駅」より徒歩5分
アクセスについて詳しくはこちら

あわせて読みたい
「HIRATAKARA展」開催します(9月9日情報更新しました) | 枚方市ホームページ 枚方市に残る歴史遺産・枚方の宝=「HIRATAKARA」を集めた展示会を開催します。ホームページは、詳細が決まり次第、順次、更新していきます。

▽展示内容

1.埋蔵文化財「百済王氏の至宝」

枚方を代表する特別史跡百済寺跡の発掘調査の成果を展示し、古代枚方の姿に迫ります。
百済寺跡から出土した1200年以上前の飾り金具は、本展示会が初公開です。

2.民俗文化財「水辺のまち、水辺のくらし」

枚方には、昔の生活道具が多く残されており、それらにより昔の暮らしぶりや先人の知恵を知ることができます。
本展示会では、淀川沿いににぎわった宿場の様子や、そこから広がる農村部の暮らしに焦点を当て、旅に関わる民具や『河内名所図会』に描かれた漁労具を中心に展示します。
また、「京都名所之内 淀川(広重画)」の原画も初公開します。

3.「ひらかたPR大使 たけうち ちひろ 切り絵原画展」

枚方の文化財をモチーフにデザインした「HIRATAKARA」をはじめ、過去にたけうちさんが枚方をテーマに制作した切り絵の原画を展示します。

ひらガール

関連イベントとして、「文化財柄のエコバッグづくり」なども行われます。ぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる