「about a coffee」店主 塩田さんが推薦する“七夕”におすすめの映画

「気になるあの人はどんな本を読んでいるの?」
枚方市内で活躍するあの人に、好きな本や映画、雑誌、アートなどおすすめの「カルチャー」を教えてもらいました。

“七夕”におすすめの映画を推薦してくれるのはこの人!
「about a coffee / アバウトアコーヒー」店主 塩田さん

今回は、「アバウトアコーヒー」の店主 塩田さんにおすすめのカルチャーを教えていただきました!

「アバウトアコーヒー」は、宮之阪駅の高架下にあるコーヒー専門店。

フードメニューもスイーツも美味しく、毎日通いたくなるお店です。

【テーマ:七夕】恋人までの距離(ディスタンス)

僕たち私たちのカルチャー

恋人までの距離(ディスタンス)

ブタペストからパリに向かう列車の中。

パリの大学に通うセリーヌと、アメリカの青年ジェシーの青春を描いた恋愛映画です。

特別な事件は起こらない。「ウィーンの街を歩きながら話す」という全編会話のみの作品。

自分を理性的な人間に見せようとすること。距離感、目線、息遣い、会話の中から相手を知ること。

だけど、大事な場面では理性的ではなく本音が現れてしまう。

映画の終わりに近づくにつれて、序盤の会話が伏線となり、それらが回収されていく心地よさ。

恋に落ちる瞬間が巧みに描かれています。

スマホやSNSがない時代。約束だけで2人が繋がっているという儚さや、「今この瞬間」を大切に思う姿が、七夕伝説と重なります。

セリーヌの髪をかき上げる仕草、腕を絡めるタイミング、二の腕がたまらなくキュート。それだけでも必見です。

あわせて読みたい
about a coffee/アバウトアコーヒー
about a coffee/アバウトアコーヒー【誰かに自慢したい店なんだ。「アバコーって知ってる?」about a coffee/アバウトアコーヒー】宮之阪駅の高架下にあるコーヒー専門店。フードメニューもスイーツもおい...
よかったらシェアしてね!