枚方市総合文化芸術センター

目次

心揺さぶる舞台やアートを楽しむ。
枚方の新たなランドマーク、枚方市総合文化芸術センターとはどんな施設?

2021年8月、枚方市駅から徒歩5分の場所に枚方市総合文化芸術センターが開館しました。

建物にはたくさんの植物が植えられており、ゆとりがある落ち着いた雰囲気。

正面玄関から中に入ると、吹き抜けのエントランスロビーにはあちこちから自然光が差し込みます。

床には硬くて丈夫なスクピラ材を使用。壁面はあたたかいレンガで仕上げ。自然のあたたかみと重厚感に溢れています。

DATA
建築面積7000平米、延床面積1万4400平米。
地上5階、地下1階。高さ29m。有料駐車場150台・無料駐輪場120台 他

主な施設

①関西医大 大ホール
②関西医大 小ホール
③ひらしんイベントホール
④ひらしん美術ギャラリー
 など

各名称は企業のネーミングライツによるものです。サントリーパブリシティサービス株式会社が指定管理として運営しています。

ひらガール

今回は、枚方市総合文化芸術センター職員の檜垣さんにたっぷりご案内いただきました!

総合文化芸術センターの檜垣さん

枚方市総合文化芸術センターでは、年間100本以上の公演等をお届けします。これからお客様と一緒に、長く愛される施設に育てていきたいと思っています。
展示会や発表会などの思い出づくりにもぜひご活用くださいませ。

それでは詳しくご案内していきますね!

関西医大 大ホール

関西医大 大ホールは、音楽・演劇などの文化芸術公演をはじめ、大規模集会にも使えるホール。枚方市総合文化芸術センター最大のメインホールです。

関西医大 大ホールの舞台

ひらガール

取材時にひらいろ編集部も舞台にあがらせていただいたのですが、客席から見ているよりも舞台上はかなり奥行きがあって、天井も高く、広く感じました。

一方、客席との距離がとても近いのも印象的で、1階はもちろん、2階や3階にいる人の顔もちゃんと見えそうでしたので、会場全体で一体感のある催しができると思います。

関西医大 大ホールの客席

座席の背もたれには空調システムが埋め込まれ内部を循環する水が放射する熱や冷気で温度環境を調節。コンサート中などでも空調音を抑えることができるそう。

・客席:1468席(1F/836席、2F/392席、3F/240席)
・舞台装置:走行式音響反射板、オーケストラピット、舞台せり
・楽屋:7室で定員80人

関西医大 大ホールのバリアフリー

客席中程の広めの通路の前は車椅子の方もゆったり座れるように広めのスペースが設けられています。

通路側の階段の席には手すり、座席番号には点字が付けられるなど、バリアフリー対策も万全。

関西医大 大ホールの見どころをもっと詳しく!!

総合文化芸術センターの檜垣さん

実はレンガ壁の色は各ホールで違うんです。
大ホールは黄色、小ホールは赤色、イベントホールが黒色。
ぜひいろいろと見比べてみてください!

総合文化芸術センターの檜垣さん

舞台正面に見えるのが音響反射板です。
ステージ全面を箱の形状にして、サイドと後ろと天井と3方がレンガで囲まれた状態にして演奏します。クラシックコンサートなどの繊細な音色も客席に届けることができます。

指揮 尾高忠明
演奏 大阪フィルハーモニー交響楽団
総合文化芸術センターの檜垣さん

大阪フィルハーモニー交響楽団さんは枚方市と連携協定を結んでいます。
先日、9月5日に開館記念コンサートを行ったのですが、人気でチケットが発売とともに完売してしまいました!

総合文化芸術センターの檜垣さん

関西医大 大ホールは1階席から3階席までありますが、距離としては舞台から3Fの後方まで約27メートルで、視認性が良いです。

総合文化芸術センターの檜垣さん

ステージと客席が近く、顔が見える距離感や一体感が魅力です。2階の両サイドのバルコニー席もおすすめです。目が合う感じの距離感なんですよ!

総合文化芸術センターの檜垣さん

楽屋は全部で7室。トータル定員80人となっています。
シャワーやモニターなどの設備がある部屋や様々な大きさのお部屋があるので、利用人数に応じて使いたい部屋を予約することが出来ます。
ご相談いただければご希望に沿ったお部屋をおすすめさせていただきます。

総合文化芸術センターの檜垣さん

ホールはどなたでも借りて使っていただけます。
発表会やみなさんの晴れの舞台をぜひここで催していただき、皆さんの思い出の場所になればとても嬉しいです!!

関西医大 小ホール

演劇や音楽公演、発表会など様々なジャンルに対応するホール。

客席:325席
舞台装置:吊り下げ式音響反射板
楽屋:3室で定員32人

総合文化芸術センターの檜垣さん

汎用性が高く様々な使い方ができる、とても人気のホールです。

ひらしんイベントホール

小規模演劇やミニコンサート、講演会など様々な利用に応用できる多目的ホール。

専用の搬入スペース、控室を備え、飲食を伴うレセプション、パーティーも可能。2階までの吹き抜け天井でステージ位置も変えられます。

客席:ホール形式200席、スクール形式120席
舞台装置:移動式舞台など

ひらしん美術ギャラリー

前面ガラス貼りの展示室は稼働壁により分割利用可能。中央部は大型絵画も展示できる3.5mの天井高を確保。

専用の搬入スペース、控室、事前の作品預かりスペースも備え、ギャラリー前には貴重な市所蔵作品の公開スペースも。絵画・工芸品・書道・写真など様々な展示が楽しめるギャラリーです。

たけうちちひろさんの切絵原画展の様子
総合文化芸術センターの檜垣さん

美術ギャラリーは大きく1室で使ったり、3つに分割するなどして発表の場として使うことが出来ます。枚方市民のみなさんは芸術活動が盛んなので、稼働率がすごく高いと感じています。

ギャラリー前の展示スペースには枚方市所蔵の作品を飾っています。

自分が住んでいるまちが持っている作品を気軽に見ることができるなんて、素敵ですよね。開館時間内はいつでも無料でご覧いただくことが出来ます。

リハーサル室

リハーサル室は、土足厳禁で、鏡壁面を備えています。

リハーサル室という名称ですが、本番で使用していただくことも可能です。開閉可能な窓を開放すれば、自然光が差し込みます。

エントランスロビー

エントランスロビー1Fは天井が高く、広々とした空間になっています。

2階のロビーにも居心地が良い素敵な空間があります。

大ホールの2階以上の客席から出られる、通路の大きな窓からはセンター周辺の景色が一望できます。

通路も隅々まで美しく仕上げられています。

ベンチで休憩しながらパンフレットをめくって、次はどんな作品を観ようか、お友達を相談するのも楽しいひと時です。

また、2階回廊のベンチからは外の景色を眺めながらの休憩にピッタリ。

総合文化芸術センターの檜垣さん

外が見える2階窓際の席も人気のエリアになっています。
夜の雰囲気もまた全然違って、素敵なんです。

夜の雰囲気

総合受付

総合受付は正面入口から入って1階右手の奥にあり、貸し館のご案内やチケットの取り扱いなどを行っています。壁面には今後の公演パンフレットなどがたくさん置かれています。

その他、館内施設としては創作活動室、マルチスペース、保育室などがあります。

施設前広場

鮮やかなグリーンが映える芝生が広がる施設前広場も見どころです。

併設カフェ「café H-Arts(ハーツ)」

枚方市総合文化芸術センター併設の軽食やドリンク、スイーツが楽しめるカフェもあります。

総合文化芸術センターの檜垣さん

併設のカフェは、どなたでも購入可能です。
テイクアウトもできるので、芝生やテラス席などでも楽しんでいただきたいです。

公演前の腹ごしらえや、展示を満喫した後などに、余韻に浸りながらゆっくりするのも、テイクアウトして芝生で楽しむのもおすすめ!

チーズバーガー850円
ビーフカレー880円
ホットコーヒー400円
カフェラテアイス480円
台湾フルーツティー(パッションフルーツ)550円
ソフトクリームシェイク(ミックスベリー)590円

あわせて読みたい
café H-Arts/カフェ ハーツ 【】 枚方市駅から徒歩5分。枚方市総合文化芸術センター1階に2021年8月30日にオープンした「café H-Arts(ハーツ)」は、軽食やドリンク、スイーツが楽しめるカフェ。 ...

café H-Arts概要

住所:大阪府枚方市新町2-1-60 1階
電話:072-807-3745 
営業時間:10:00~17:00(L.O.food 16:30 drink 16:45)
定休日:第4火曜日
Instagram @cafe_h_arts

総合文化芸術センターの檜垣さん

今回発行のひらいろ冬号(12号)を持参していただけると、café H-Arts(ハーツ)での割引が受けられます!ぜひ冊子を持ってお越しください!

枚方市総合文化芸術センターのアクセス

枚方市総合文化芸術センターは京阪枚方市駅から徒歩5分。

枚方市駅から歩いてきて、横断歩道を渡ってそのまま地上1階の正面入口からも入れますし、手前の交差点にある陸橋エスカレーターから上って、2階入口から入ることも可能です。

〒573-1191 大阪府枚方市新町2丁目1−60

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる